ドッグサロン BECK

予約制0263-87-0655
ドッグサロン・ベック OPEN 9:00-18:00 不定休
〒390-0861 長野県松本市蟻ケ崎5丁目2-3 1F

Q&A

頻度

頻度

自宅でもシャンプーされているお客様からよく頂く質問の一つに「ワンちゃんのシャンプーの頻度」についてどれぐらいの間隔で洗うのがいいの?という事をよく聞かれます。

ワンちゃんの皮膚の状態や体の脂の量などで、一番良い頻度というのは変わってきますが、個人的には2〜3週間に1回が理想的かなと思っています。少なくとも月に1回は…。カットの頻度はそれぞれだとは思いますのでここでは触れませんが。看板犬たちも2週間〜1ヶ月に1回は必ずしております。

そんな頻度で洗っている理由の1つとしては普段全くブラッシングをしないからというのもあります。お店に泊り込むことも多く、毎日一緒にいれる訳ではないので、毎日お手入れが出来ないのが現状です。お客様にはよくもつれがないようにブラッシングをお願いしていますが、実はそういったこともあり、看板犬たちは殆どブラッシングはしていません。毛質等にもよるのですがシャンプーから2週間〜1ヶ月ほど経つともつれが出てくるので、ブラッシングするついでにシャンプーもしている感じです。

正直2週間に1回お店にシャンプーで来て頂けるなら、ワンちゃんの毛質にもよりますがブラッシングをしなくてもそれほどもつれません。ただ、2週間に1回、お店に連れていくというのは実際は難しいと思うのでお客様にはもつれだしたらブラッシングしてくださいとお願いしています。※シャンプーコース以上のトリミングサービスをご利用のお客様には、ご利用15日以内限定の「クイックシャンプーコース」がご利用頂けますので是非ご利用して頂けたらと思います。

トリミング後から2〜3週間経つと毛が絡みだして、ブラッシングしているのにすぐにモツレてしまうというのは、時間が経つと毛先の方から傷んできてたリ、汚れによって絡みやすくなるためですね。ワキの下、内もも、耳裏のつけねは、歩くだけで毛がこすれたり、ワンちゃんがカリカリ掻く部分なので、毛が痛みやすく毛玉が出来やすい箇所です。他にも多頭飼いでワンちゃん同士でよく遊ぶという場合も、もつれやすくなると思います。

週1でシャンプーしても問題ないのか?」という質問も頂きます。

これはワンちゃんの体質とシャンプー剤を考える必要があります。外でよく遊ぶので汚れやすかったり、子犬の場合はうんちやオシッコで汚れる事も多いで、週1で洗いたいという方も多いはず。週1でシャンプーする場合は皮脂を落としすぎない優しいシャンプーを使用する事が前提になりますが、シャンプー剤選びは重要で週1で洗っても問題ないとなると限られてきます。セラミド系の保湿剤もあると良いと思います。※当店の全トリミングサービスにはセラミド保湿ケアが標準装備されております。

汚れが気になる時は汚れた部分だけ洗ってあげるというのも良いと思います。

ちなみに当店では仮に週1シャンプーをしたとしても皮膚トラブルにならないグルーミングを意識して行っています。看板犬達も週1で洗う事もありますし、それによりフケが増えたり、炎症したりという事になるなら「シャンプー剤 、洗い方、保湿、乾かし方」どれかに問題があるかと思います。また、体質的に乾燥肌のワンちゃんも週1だと皮膚トラブルが起こる可能性もあります。日本の高温多湿という環境を考えると、夏場になると何故か皮膚トラブルになりやすいという子は週1シャンプーの方が安定する場合もあります。

また皮膚トラブルにより、薬用シャンプーを処方される時は獣医さんから「1週間に2回」や「3日に1回」洗ってください。と言われる事がありますが、それをキチンと守る事も大切です。薬用シャンプーは細菌やカビ菌などを殺す事が目的なので、頻繁にシャンプーする事によって皮膚の悪い菌の増殖を抑えて常在菌を健康的なバランスに戻していきます。※ただし全身ではなく、皮膚異常のある箇所のみ薬用シャンプーで使用してください。正常な皮膚に使用すると悪化する場合があります。

薬用シャンプーは殺菌、抗菌を重視しているので皮膚のアミノ酸、必要な脂も除去してしまいます。薬用シャンプー後はセラミド系のローションで保湿してあげると良いです。動物病院から薬用シャンプーを処方された場合は大体3日に1度のシャンプー頻度になるのでホームケアは必須になります。3日に1回と処方された薬用シャンプーで月1回洗うだけでは意味がないです。※ご自宅でのケアが困難な場合はお気軽にご相談ください。

ワンちゃんと頻繁に野外で遊んだり、いつも清潔にしてあげたいという方には頻繁に自宅シャンプーをしてあげている方もいると思います。

自宅シャンプーによって「乾燥、フケ、炎症」が起こってしまう原因としては、シャンプー剤(またはコンディショナーに問題)、お湯の温度(37度以下にする)、ドライヤーの温度(出来る限り低温)主にこの3点かなと思います。

一番重要なのはシャンプー剤です。シャンプー剤によってはフケだらけになったり、部分的に炎症が起こったりします。シャンプー選びは大切です。

またはコンディショナーと書いたのは、基本的にシャンプー剤よりもコンディショニング成分の方が皮膚には刺激が強く、水で落ちにくい成分が使われています。コンディショナーやトリートメントをした方が被毛の毛艶は良くなりモツレも軽減しますが、皮膚にはダメージを与えます。

どちらを重視するかは生活環境によると思います。

お湯の温度が高ければ必要は皮脂までどんどん流れていきますし、ドライヤーの温度が高ければ毛は痛み肌は乾燥します。

自宅シャンプーで皮膚トラブルに悩んでいる方はこの3点を特に意識してみると良くなると思います!

よかったら参考にしてみてください。

因みに当店としましては、シャンプカットコース以上のトリミング→クイックシャンプーコースを繰り返し交互にご利用頂くのがオススメです。それによりワンちゃんの健康管理、皮膚状態の管理ができ、的確なアドバイス等ができます。また今後体重管理もお店の方で出来るように考えておりますので是非参考にして頂けたらと思います。